色々な場所の外壁塗装

色々な場所の外壁塗装 外壁塗装は劣化してしまった外壁の耐久性を新築の時と同じ状態に戻すと言う大切な目的が在り、10年に1度と言ったサイクルで行うのが理想と言われていますが、劣化する速度と言うのは住宅の在る環境に応じて異なること、使う塗料の種類によっては5年から7年と言うサイクルで施工を行う必要が出てくることも在ります。
南側の外壁と言うのは紫外線が最も当たる環境に在るため、外壁の劣化は日当たりが良い外壁を中心に考える事が大切ですし、日当たりの良い環境に在る住宅と、そうではない住宅では外壁の劣化の速度も変わる事になります。
尚、外壁塗装を行う時には外壁以外の場所も併せて塗装を行うのが良いと言われています。
外壁以外の場所の事を、外壁に付随する箇所などと言いますが、破風板や軒天井、雨樋、雨戸などの部分で在り、外壁だけが綺麗になると、これらの場所の汚れが目立つなどの理由からも、外壁塗装と同時に塗装やメンテナンスを行っておくべき部分になります。
また、これらの場所は金属や木部と言った色々な材質になっているため、錆びついている金属は綺麗に落としてから塗装を行う、木部についてもメンテナンスを行い、下地を綺麗に仕上げてから塗装を行う事になります。

屋根の塗装

屋根の塗装 屋根の塗装は、意外と気にしないという人が多いものですが、最も雨風にさらされている場所でもあり、実は非常に傷みやすい場所でもあるため、日頃から注意をしておくことが必要なものです。
塗装が傷んでいるのを放っておくと雨漏りなどの原因となり、最終的には家自体を傷めてしまうと言った事にもなりかねません。
しかし、なかなか屋根の塗装を行うと言ってもその費用は高価なもので、特に高所が多いため足場の設営が必要となるためその費用も高額になってしまうものです。
そのためなかなか簡単に行えるものではないと考えられていますが、これを効率的に行う方法が有ります。
それは外壁塗装と屋根の塗装を一緒に行うことです。
外壁塗装に於いても足場が必要になるため、同時に行うことで足場の費用を浮かすことができます。
業者の中には両方を行ってくれる業者が多いものですが、万が一別の業者であっても、基本的に業者どうしで相談して上手に融通してくれることが多いものです。
多くの塗装業者では、外壁塗装を行う際に屋根の塗装を行うことをすすめられることも多いものです。
同時に行っておくと次回の塗装も同時に行えることになることが多いので、外壁塗装を行う際には一緒に屋根も塗装を行うことを考えるのが効率的です。

詳しく知っておきたい外壁塗装の流れとは何か

世の中には、詳しく知っておいた方が良いケースも少なくないわけですが、例えば外壁塗装などがこれに当たるかもしれません。
外壁塗装とは何かと言えば、外壁をきれいにする事ですがこれは単にペンキを塗るといった行為ではなく、建物の外側を頑丈にして建物自体を劣化させないようにすることです。
これは、素人にはなかなか難しくプロでないとできないため、普通は業者の人に任せることになります。では外壁塗装する場合、どのような流れになっているのでしょうか。
進め方に関しては、まず見積もりからおこない見積もりで問題ないあるいは対応の仕方に問題がない会社を選ぶのが普通です。
その後、足場の設置などを行い養生シートを貼り付けます。養生シート貼り付けた後は外壁をきれいにしその後穴などがないか修正をしていきます。
特に問題がなければ、マスキングテープでマスキングを行い必要なところに塗料を塗る流れになります。
そして塗料を3回塗ったら完成と言えるわけです。

外壁塗装を行うには塗料選びと施工会社の作業工程の確認は重要です

リフォームとして外壁塗装を行う方は、まずは安心して任せられる施工会社を探すことは勿論ですが、塗装に使う塗料選びも重要なポイントです。
通常外壁塗装に用いる塗料は最低でもウレタン塗料以上が該当をしており、このランクでの耐久年数は8年程度となることも一般的です。
次回の外壁塗装のタイミングを長くしたい方は、普通のウレタン塗料ではなくフッ素塗料や光触媒などを採用する方法であれば10年から15年程度の期間にわたり長持ちさせることができます。
塗料メーカーによる違いはありますが、機能性を重視するならば遮熱塗料を選択する方法もあり、夏の暑さと冬の寒さの問題を解消することができ、省エネ住宅に近い状態に仕上げることはできます。
他にも確認することが必須となる項目もあり、施工会社の塗装作業の工程です。
下塗り剤を使う会社かどうかを契約前に確認をしたり、下塗り剤を使うことで料金が高くなるようであれば、最初から下塗り作業をプランに入れている施工会社に任せることは重要なことです。

将来的に外壁塗装をするならその内訳に詳しくなりたい

自宅の壁を見てみると、どことなく劣化している例があるかもしれません。このような時は、外壁塗装をしなければいけないタイミングと心得た方が良いです。外壁塗装とは、外壁をきれいにする事ですが単純に色を塗り変えると言う意味合いだけではありません。
ひび割れ等を防ぎ、建物全体を弱らせないために行うものと言って良いです。人間で言えばアンチエイジングのようなもので、30歳を越えたらアンチエイジングをする人が多いように外壁も建築から15年ぐらい経過したら見た目をきれいにし、弱っている部分を直していきます。
ではその内訳はどのようになっているのでしょうか。内訳に関しては様々な意見がありますが塗料の費用が1番高くなると思いきやそうではありません。
足場の設置が比較的高いと考えて良いです。足場の場合には、すぐに立ち上げることができず、丸一日ぐらいはかかると言っても良いです。
それ以外では、塗料の使用や現場まで行くときの交通費等がかかると考えて間違いありません。

来月外壁塗装するならば助成金を申請したい

いよいよ我が家も汚くなってきた場合、外壁塗装をする必要があるかもしれません。外壁塗装をする時期は決まっていませんが、建築からおおむね15年目かそれ以前に推奨されています。
しかしながら実際にはお金がかかるため、20年経過したあたりでようやく本腰を入れる人も多いです。つまり、本腰を入れるとは会社に連絡をし塗装の依頼をすることを意味しています。
通常のときには、お金がかかりますのでどれぐらいのお金が必要になるか見積もりを出してもらわなければいけません。見積もりを出した段階で、1,000,000円位のお金がかかることを初めて知ることになる人もいるかもしれないです。
もしできるだけお金を出したくなければ、外壁を塗装するときに出る助成金を使ってみるのも1つの方法です。助成金は国が出すと言うよりも、各地を公共団体で出してくれるものになります。
これを利用すれば、1割ぐらいは負担するため格安で塗装をすることができます。

外壁塗装のリフォームは悪徳業者もいるので即契約は避けるべき問題です

自宅の外壁が目立った劣化を起こしている場合、漏水の問題が起きてしまう可能性があるので、外壁塗装を行うことは重要です。
施工会社を探そうとしているタイミングで、外回り営業で外壁塗装を勧めてくる会社があります。このケースでは劣化している外壁の住宅をターゲットに営業をしていることが一般的ですが、このような会社の中には悪徳業者も含まれているので注意は必要です。
その場で見積もりを出してもらい、料金が安かったという理由で直ぐに契約を交わすのではなく、名刺を受け取ってからネット上で口コミを確認してみると良くない情報が掲載されている可能性もあります。
見分け方は実は難しい問題でもあり、後から高額請求を受ける悪徳業者は論外として、塗装内容で明暗が分かれることが多い傾向にあります。
例えば外壁塗装では油性塗料を使いますが、ランクの低い塗料を使われてしまう問題や、溶剤で薄める作業を行う際に、塗料の節約で規定よりも薄めて施工する会社もあるのでネット上から会社情報が得られないという場合は、訪問営業は避けてネット上で信頼できる会社を探すことが重要ではないでしょうか。

おすすめ外壁塗装関連リンク

マンション・アパートの塗装・防水・外壁改修工事・雨漏り修理に即対応してくれます

外壁塗装 東京